おすすめデバイス PR

【2020年最新】オーバーウォッチのプロゲーマーが使うゲーミングキーボードランキングトップ5【Overwatch】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

オーバーウォッチは、2016年に発売された人気FPSであり、現在オーバーウォッチ2の開発も行われている!

プロゲーマーの試合を見ているとかなりレベルの高い試合をしていて自分もこうなりたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、ゲーミングキーボードはサイズや素材もさまざまで選ぶのが難しい…

そんな方に向けて、実際にプロゲーマー・配信者の使用者数でランキングづけをしてゲーミングキーボードを紹介していきます!

参考:「https://prosettings.net/

本家サイトと違い日本人に向けたサイトなのでキーの配列は基本的に日本語のモノを紹介しています。

Contents

オーバーウォッチのプロゲーマーが使うゲーミングキーボードランキングトップ5

1.LOGITECH G PRO MECHANICAL KEYBOARD

メーカー Logitech
重量 980 g
本体サイズ 153 x 361 x 34mm
キーの数 91
キー配列 日本語

大会実績のあるPRO Xデザインに、プロ レベルの入れ替え可能GXスイッチが搭載されさらなる進化をしたキーボード。

ロジクール初となるキースイッチの交換に対応したモデルで自分好みにカスタマイズできるのが楽しい!

Logicoolデバイス専用ソフト「G HUB」が使いやすく便利!

2.RAZER BLACKWIDOW CHROMA TE V2

メーカー ハイパーエックス(HyperX)
重量 1.09 Kg
本体サイズ 44.2 x 13 x 3.6 cm
キーの数 104キー
キー配列 英語

ゲーミング専用に設計された Razerメカニカルスイッチは、キー操作に対して超高速で反応するように最適化されている!

テンキーレス設計を採用しており、マウスを動かすのに必要なデスクスペースを確保しつつ必要な機能を全て備えてある。

特別設計されたエルゴノミックリストレストにより、長時間快適にゲームが出来る!

3.CORSAIR K70

メーカー CORSAIR
重量 1250g
本体サイズ 166 × 39 × 438mm
キーの数 108
キー配列 日本語

CORSAIRデバイス専用ソフト「iCUE」を使えばキーマッピングから約1680万色の色鮮やかな発光するバックライトまで変更できる優れもの!

誤操作によるプレイ離脱を防止するWindowsロックキーと、ボリュームアップ、ボリュームダウン、ミュート、再生、停止、進む、戻るが手元で操作できる便利なマルチメディアキーを備えていて日常使いにもオススメ。

ゲームに特化した交換用キーキャップが10個付属して、これらのキーキャップは傾斜しているためにゲームがやりやすい!

4.LOGITECH G810

メーカー ハイパーエックス(HyperX)
重量 816 g
本体サイズ 35.8 x 13 x 3.6 cm
キーの数 87
キー配列 英語

G810はe-Sportsアスリートのパフォーマンスを高めるために生まれたメカニカルキーボード!

ロジクール独自のRomer-Gメカニカルキースイッチは一般的なメカニカルキーより高速なキー入力を実現。

専用のメディアコントロールボタンが搭載され、音楽、ビデオの再生、一時停止、ミュート、ボリュームコントロール操作が可能なのが便利!

5.CORSAIR K65

メーカー CORSAIR
重量 860 g
本体サイズ 355 × 165 × 38mm
キーの数 108
キー配列 日本語

アルマイト加工を施した、航空機レベルのアルミニウム製のフレームは繰り返される入力に耐える圧倒的な耐久性を誇る。

CORSAIRデバイス専用ソフト「iCUE」を使えばキーマッピングからバックライトまで変更できる優れもの!

ゲームに特化した交換用キーキャップが10個付属して、これらのキーキャップは傾斜しているためにゲームがやりやすい!

Corsair K65
CORSAIR

以上「オーバーウォッチのプロゲーマーが使うゲーミングキーボードランキングトップ5」でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です